五十肩の専門治療

五十肩でお悩みの方へ

肩が痛くてつらい、夜になると肩が痛くなって眠れない、肩から腕まで重だるい、肩があがらないから顔を洗ったり服を脱いだりが大変。

五十肩の症状は人それぞれですが、歳のせいと思ってそのままにしていませんか?

"とりあえず痛み止め"
"とりあえず湿布"
"とりあえず電気"
"とりあえずリハビリ"

といった「とりあえずの処置」で終えてしまわれている方が多いと思います。 とりあえずでは五十肩は治りません。

五十肩は、適切な治療をすれば楽になります。その治療法が鍼灸治療です。

五十肩とは

「五十肩」という言葉は、古くから用いられ、誰でも知っているにもかかわらずその意味ははっきりとしていません。その理由は、五十肩という言葉が医学的な疾病を表すためにつくられた用語ではなく、五十歳ごろに肩から腕までの症状が現れる人が多かったために、庶民の方々が俗語として口ずさむようになったためといわれています。

日本で初めて医学用語として五十肩を用いるために定義した時、特殊な原因が断定しにくく、肩の関節を中心に痛みがあり、肩の関節の運動制限、例えば手を挙げたり、顔を洗ったり、髪の毛を洗う動作が困難な状態をさすようになりました。

肩の関節の部分に痛みがあり、動かすと痛い、反対の手で持ち上げても痛くて、固まっていて挙がらない、夜中に痛むといった症状がある時は五十肩の疑いが強いです。

五十肩の原因

五十肩の症状があらわれる時、肩の関節では、年齢による退行性変化で組織が傷つきやすくなった腱板(肩の関節を構成している筋肉)に外傷が加わり、部分断裂、出血、壊死が表層の肩峰下滑液包に炎症を起こさせている状態が多いです。

五十肩とは、中年以降に加齢的退行性変性を基盤として発生する疼痛性肩関節制動症

中年以降の肩関節痛の大部分が該当してしまうように思いますが、医学用語として「五十肩」という言葉を用いる場合には、原因・病態が明らかな疾患は除外するとされています。すなわち、

  1. 外傷性肩峰下滑液包炎
  2. 腱板炎
  3. 腱板断裂
  4. 石灰性腱板炎
  5. 変形性肩関節症
  6. 変形性肩鎖関節症
  7. 肩峰下インピンジメント症候群

上記等の病名は除外するとされています。また、患者さんの訴えで多い「腕の付け根が痛い」「肩の前のほうが痛い」の原因である「上腕二頭筋長頭腱炎」、も同様とされます。

ただし、治療の現場では、上記の除外するべき病名が原因で五十肩と表現することもあります。

病態からみる五十肩の原因

漠然としている五十肩ですが、その影響か、五十肩の研究の歴史は古くから行われているにも関わらず未だ明確になっていないところもあります。ただ、患者さんの状態としては、原因となる場所がほぼ特定しています。

  1. 肩峰下滑液包の癒着
  2. 上腕二頭筋長頭腱の結節間溝への癒着
  3. 腱板の壊死性変化と炎症性硬化
  4. 関節内滑膜の慢性炎症
  5. 関節滑膜膨隆部の癒着

上記の中で、肩峰下滑液包の癒着が最も重要とされています。そして、癒着を生じさせる原因は棘上筋腱の断裂、壊死にあります。また、上腕二頭筋長頭腱で同様の変性がおこることもあります。一方、肥厚した関節包が骨頭関節軟骨に癒着していた例もあり、この3種が五十肩を引き起こしている病態的原因となります。

五十肩の原因は
①腱板・肩峰下滑液包
②二頭筋長頭腱
③関節包

五十肩の状態

五十肩の症状は、発症から3期にわかれています

1.freezing phase 急性期

症状の発現から増悪する時期で、painful phase、疼痛性痙縮期とも呼ばれています。

症状は、明らかな原因がなく、段々と漠然とした痛みからはじまります。時にこの痛みは肩の付け根である三角筋と呼ばれる筋肉の付着部に限局することがあります。

痛みは一度あらわれると急激に強くなることが多く、典型的な例では、手を動かしたときの痛みはいうまでもなく、何もしていなくても痛みがあり、C5、C6頚神経支配領域(肘の外側から腕の親指側)にまで痛みが拡がることもあります。

また、痛みを避けるあまり、自然と内転、内旋位(肘を曲げて手を胸に当てているような姿勢)をとることもあります。症状がひどい場合、特に夜になると痛みが強くなり眠れない状態で、正常な方の手で患側を支えるようなかばいかたをしてしまいます。

この時期には棘上筋腱(肩関節の外側)、結節間溝(肩関節の前側)を押さえると痛みが強くあらわれることが多いです。また、肩関節が固まっているため、腕を動かそうとするとどの方向にも動かすのが困難になり、腕を動かせない分肩甲骨が上がってしまう「肩すくめ」の動作をしてしまいます。肩すくめによる代償性運動の影響で背中に負担がかかり首から背中のこわばりや、痛みがあらわれます。

2.frozen phase 拘縮期

五十肩の症状、第2段階の拘縮期では、肩を動かしたときの激痛や、何もしていなくても痛むといった症状が和らぎ、同時に、今度は肩の関節が固まって動かなくなる時期となります。今までのような激痛で動かせない時と違い、痛みはなくてもとにかく固まってしまい、動かない状態がだんだんと進行していきます。この時期の患者さんの訴えは大部分が動かないという運動制限ですが、時に患者さん自身が運動制限を自覚しておらず、運動時痛としてのみ訴えられることもあります。この時期は通常4~12ヶ月続きます。

3.thawing phase 回復期

第3段階となる五十肩の回復期では、関節の拘縮が徐々に改善し、これに伴い痛みや不快感が薄らいでいく時期となります。完全に症状が消えるまでは6~9ヶ月前後となります。特に、運動不足の方、糖尿病など血液循環の悪い状態にある患者さんは比較的治りが悪い傾向にあります。五十肩の治療では、患者さんの状態、生活環境や性格などを考慮して個々に適した治療方針を考えていきます。

病院、接骨院での治療

「肩が痛い」、「腕が挙がらない」、「夜になると痛くて眠れない」そんな症状で悩み医療機関を受診、五十肩と診断された場合、実際にどのような治療をしていくのかご紹介します。

薬物療法

五十肩の治療で最も多いのが、薬物療法です。一般的に、痛いから痛みを何とかするといった目的で薬物療法をおこないますが、内容としては、痛み止めの飲み薬、湿布、塗り薬となります。この中でも、痛みが比較的強い場合は、鎮痛薬を注射したり、ステロイド系の薬を使う場合もあります。

理学療法

ほぼ同時進行でおこなわれる理学療法では、ホットパックや超短波(マイクロ波)、超音波、遠赤外線など温熱療法と呼ばれるものが主体となります。そして、病気、病態に合わせて、低周波などの電気刺激、運動療法などのリハビリをおこないます。

特殊な治療法

マニピュレーション

マニピュレーションとは、麻酔下徒手的授動術のことで、五十肩の状態があまりにもひどい時におこなう治療法です。患者さんに全身麻酔をかけて、強力な力で一気に肩の関節を動かし可動域を拡大させる方法、いわゆる荒療治となります。当然、関節包を断裂させて関節血腫、腫脹を引き起こすだけでなく腱板断裂、骨折、脱臼を引き起こすこともあるので、あまりやりたがらない方法です。

五十肩に対する鍼灸治療

五十肩の治療

五十肩に対して、鍼灸治療は有効な治療法です。江戸時代の「困学穴法」という書物には、当時、「長命痛」と呼ばれていた五十肩の治療法が記されています。現在では、西洋医学同様に、東洋医学である鍼灸治療も、急性期、拘縮期、回復期と五十肩の病態に合わせて適切な治療法をおこなうことが可能です。また、薬などのように副作用もなく、鍼とお灸があれば患者さんの体質、病態にあわせて刺激方法を変えるだけで対応できる便利な治療法となります。

アフターフォロー

患者さん第一主義を掲げる剛鍼灸院グループは「治療後のアフターフォロー」にも注意を払っています。

症状の改善や再発の予防には生活習慣が大きく影響します。
鍼灸治療に加え、生活習慣を変えることでより早い症状の改善が期待できる場合は特にアフターフォローに力を入れており、症状の改善・予防に繋がるように様々なアドバイスをさせていただいています。

お気軽にご相談ください

052-937-1189 (受付時間 平日10:00~19:30)

五十肩のツボ

外関(がいかん)

外関は、五十肩の初期症状に使うツボです。外関とは、外との関所の役割をしています。外とは、体の外を意味し、外敵が体内に侵入してこないように見張るための場所です。外敵とは、寒さや風が最も影響されやすく、根本的に気温が低い時、強い風が吹いて体感温度が寒いと感じやすくなる状況のことです。この冷えが外関から侵入し、腕からだんだんと肩の関節まで伝わってしまい、五十肩になります。五十肩かな?と思う時は、外関のツボを鍼やお灸で刺激することで関所の役割を強化し、冷え切った腕や肩を温める作用があります。

肩ぐう(けんぐう)

肩ぐうは、腕を水平に上げると、肩関節の前と後にあらわれる2つくぼみの前側のくぼみにあります。東洋医学の考え方では、肩ぐうは、手足にたまった熱を抜き取るといった作用があり、五十肩の始まり、また脳卒中や蕁麻疹(じんましん)、湿疹、アトピー、関節リウマチ、などの症状にも治療として使われます。この作用の他に、刺激方法を変えると、慢性化した五十肩の治療にも効果がある万能なツボです。肩ぐうはもともと五十肩の原因とされている肩峰下滑液包の部分に位置するため重要なツボでもあります。

結節間溝(けっせつかんこう)

結節間溝とは、東洋医学的なツボの名前ではなく、解剖学的に五十肩の症状があらわれやすい部分にあり、治療が必要な時に刺激する部分となります。このツボは、五十肩の病変が上腕二頭筋長頭腱とその腱がこすれる結節間溝の部分にある時に治療が必要となります。

長頭腱は、全力投球など急激な負荷や、反復する動作の繰り返しで、あるいは老化による退行性変化で組織が傷ついた後、腱が結節間溝に癒着するとされているため、この部分に治療をおこないます。

(もともと、腕を動かした時、結節間溝部で長頭腱は4cm前後動くとされています。この動きが癒着によって妨げられ、痛みや可動域制限といった症状としてあらわれます。)

天宗・膏肓(てんそう・こうこう)

天宗は、肩甲骨の真ん中あたりにあるツボです。この部分には、五十肩に関係する腱板があり、五十肩の症状に連動して固まってしまうため、動かしやすくすることを目的として治療をおこないます。

膏肓は、肩甲骨のすぐ内側にあるツボです。「病膏肓に入る」という故事のことわざにもなっています。「膏」とは心臓の下の部分、「肓」とは横隔膜の上の部分のことで、ここは薬も針も届かないので、治療が困難な場所であることが転じて比喩されています。
膏肓を刺激することで関節の奥深くまで進行した五十肩の症状を治してくれます。

お気軽にご相談ください

052-937-1189 (受付時間 平日10:00~19:30)